プログラミングができることとソフトウェアエンジニアリングができることは違う

コードが書けることはソフトウェアエンジニアリングができるということを意味するわけではありません。真に大切なのは設計とPMOです。
コミさん 2024.04.15
読者限定

最近はプログラミングスクールの跋扈だったり各種YouTubeなどのメディア経由でソフトウェアエンジニアへ転身したいという人が増えてきて、求人媒体などでジュニアレベルの人を見かけることが多いです。

そのため必然的にジュニアレベルのエンジニアを面接することが多いのですが、どうもプログラミングとエンジニアリングを履き違えてるなという感想を抱きます。
というのも、本来的に我々が仕事として行なっているのはソフトウェアのエンジニアリングであり、プログラミングというのはその一端でしかないからです。

要するに、設計とPMOこそソフトウェアのビジネスで生きている人たちが最も重要視しているところです。

そこをジュニアレベルの人はWebアプリを自分で作れるという、"目に見えてパッと見すごそうなスキル"にだけ執着してしまっているのかなと感じています。
そして悲しいことにエンジニア採用を得意としている自称する人事すらこのあたりをわかっていないことが多いです。

今日はそんな話です。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2697文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
優秀なPMOは何をしてくれるか
読者限定
何を内製開発するのか
読者限定
起業した若者に寄ってくるおじさん
読者限定
オンラインビジネスマッチング会で地獄を見た話
読者限定
成長に繋がった本を紹介する
読者限定
組織内のエンジニアキャリアパスの整備
読者限定
ITコンサルの営業の仕方
読者限定
僕が業務に生成AIを使わない理由