オンラインビジネスマッチング会で地獄を見た話

社会というのは、人も会社もガチャを回せば回すほど変なのが出てくる。
コミさん 2024.05.09
読者限定

独立するとお客さんを新規で掴み続ける必要性が出てきます。
というのも、現在契約してくれているお客さんがずっと契約し続けてくれるかわからないし、発注サイドの予算編成の関係で関係良好にも関わらず契約が打ち切られるなんて事象はよくあるからです。

なので毎月1件以上新規アポを取り続けるくらいがちょうど良いのです。

さて、その新規営業というところで、アプローチはインバウンドかアウトバウンドかで2択となります。
インバウンドは想像通り、自社のホームページに問い合わせしてもらった部分についての対応という具合で、向こう側がこっちに興味を持っている状態に対して、アウトバウンドは架電だったりDMだったりで向こう側がそんなにモチベーションが高くない状態でこっちから連絡を取る手段です。

営業手法の中で、具体的なアウトバウンドのアプローチとしてイベントに参加するというのがあります。

イベントとは、展示会だったり名刺交換会などです。

今回のニュースレターは、自分が過去に参加したオンラインビジネスマッチング会で出会った地獄についてです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1940文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
優秀なPMOは何をしてくれるか
読者限定
何を内製開発するのか
読者限定
起業した若者に寄ってくるおじさん
読者限定
成長に繋がった本を紹介する
読者限定
組織内のエンジニアキャリアパスの整備
読者限定
ITコンサルの営業の仕方
読者限定
僕が業務に生成AIを使わない理由
読者限定
今の時代は多分データエンジニアが一番採用が難しい